神道無念流免許 永倉新八 新選組最強の二番隊組長

戦国~幕末

ようこそ当サイトへ

新選組で最強は誰かというと、必ず沖田総司斎藤一と共に名前の上がる永倉新八。天然理心流の試衛館に出入りしていながら、神道無念流の免許皆伝。松前藩士の家に生まれながら、剣術修行と称して脱藩したという無類の剣術好きです。

そんな永倉は戊辰戦争の最中、局長の近藤勇と意見の食い違いから新選組を離脱しています。近藤とはそれっきりになりましたが、主要隊士の中で数少ない生き残りの永倉は後年、新選組の朝敵の汚名を晴らす為に尽力しました。

大正2年(1,913年)、小樽新聞で読み物「永倉新八」が連載されます。これは小樽新聞の記者が「杉村義衛」という老人に取材して書かれたもの。この杉村義衛こそ永倉新八その人です。

気が強く何かと近藤とぶつかる事もあった永倉新八。

彼の口から新選組の真実が語られていくのです…

無類の剣術好き 永倉新八

新選組の創設メンバーは天然理心流の道場、試衛館の仲間が多いのですが、永倉もこの試衛館に出入りしていました。しかし試衛館に現れた時にはすでに神道無念流、免許皆伝の目録を受けていていたという凄腕。

ただ、道場破りに現れて沖田総司なんかとバチバチにやり合った末に試衛館に居つくようになったというような、特に胸アツな展開ではなかった様子…。

神道無念流は当時、北辰一刀流などと並ぶ有名な流派。一方で天然理心流はさほど知られていない、泥臭い田舎の剣術と思われていたようです。しかし極めて実戦的な剣術で、名門で免許皆伝を受けてなお、こういった道場にまでやってくるという永倉の剣術に対する向上心が伺えます。

さらに武家以外の出身者が多い新選組において、永倉は松前藩の歴とした武士でありながら脱藩した浪人でした。

松前藩 脱藩

そんな永倉新八は天保10年(1,839年)4月、江戸の松前藩上屋敷に生まれます。なので松前藩は現在の北海道ですが、永倉自身は東京生まれ東京育ちという事になります。幼名を「栄吉」元服して「新八」を名乗ると、無類の剣術好きが高じて剣術修行と称し脱藩。本名の「長倉」姓から永倉を名乗るようになり、ここから知られている永倉新八となります。

この剣術修行を行う中、神道無念流の免許皆伝の目録を受けたり、後に新選組で共に活動する島田魁や、新選組離脱後に靖兵隊を結成し共闘する事となる市川宇八郎と出会っています。

そして試衛館に出入りするようになり、稽古後には近藤や土方歳三、沖田ら道場の仲間と共に酒を酌み交わしては

「外国人など隙あらば斬ってしまおう」

などと攘夷論に花を咲かせました。

新選組 結成

そんな折の文久3年(1,863年)2月、将軍「徳川家茂」上洛の警護の為、江戸で浪士組が結成される事になります。浪士組は身分を問わず腕に覚えがあれば誰でも参加可能という事で、剣で名を上げたい試衛館の面々には渡りに船。永倉もこれに参加します。

浪士組を発案した清河八郎は尊王攘夷論者で、じつはこの浪士組を江戸に戻し、尊王攘夷運動に利用するつもりでした。それに反対し京都に残る事を主張した者たちが京都守護職の会津藩預かりとなり、新たに「壬生浪士組」が結成されました。

京都に残る事を主張したのは近藤ら試衛館の面々や水戸藩出身の芹沢鴨らで、この壬生浪士組が新選組の前身となるのです。

ちなみに永倉は後年、この清河八郎を清河先生と呼んで回想している事から一目置いてはいたようです。

市中見回りで京都の治安維持活動を始めた壬生浪士組は8月、御所から長州藩を追放するという「八月十八日の政変」に出動。この時の働きが評価されると新たに新選組の名が与えられるのです。

新選組は近藤と芹沢の二大派閥体制でしたが、芹沢一派は京都で「ゆすり」や「たかり」などの狼藉を繰り返し、新選組は京都の住民から「壬生狼(みぶろ)」と呼ばれ嫌われます。さらにボロを着ていた身なりから、壬生狼をもじって「みぼろ」などと揶揄されました。

そして9月、近藤ら試衛館の面々により芹沢は粛清(実行犯は土方や沖田など)。ここから近藤を局長とする新体制が築かれました。

永倉は試衛館派ながらも、芹沢鴨が神道無念流という事もあって親しかったようです。そうした事情から芹沢暗殺の計画は永倉には知らせられず、そのことは永倉にとって少々気に入らない出来事となりました。

池田屋事件

そして元治元年(1,864年)6月、池田屋事件が起こります。

新選組は尊王攘夷派とのつながりが疑われた古高俊太郎を捕らえ、土方らの拷問によりある計画を自白させます。それは京都の街に火を放ち、混乱に乗じて孝明天皇の身柄を確保し長州へ連れ去るというもの。

これについては諸説ありですが、永倉編なのでここでは割愛させて頂きます。

新選組は計画を阻止しようと、三手に分かれて京都の街を捜索。永倉は近藤隊で沖田や藤堂平助らと行動を共にします。その日も終わりに近づいた午後10時過ぎ、旅館池田屋を訪れ

「御用改めである」

近藤が主人に告げると、二階に向かって声をかける主人を制してかけあがりました。二階の部屋には約20名ほどの尊王攘夷派がすでに臨戦態勢。

「手向かえば容赦なく斬り捨てる」

先陣を切って沖田が斬りかかります。

しかし乱戦になる中、沖田は持病の発作が出て戦闘不能。藤堂は額を斬られこちらも戦線離脱。屋内は一時、近藤と永倉の二人になります。

激しく交戦する中で永倉の刀が折れてしまい、拳で応戦しながら落ちていた刀を拾って必死で斬り付けました。この時に永倉は左手に深い傷を負ってしまいます。

やがて別動隊の土方らの援軍が到着。戦況は新選組に傾き、程なくしてその場は制圧されました。

ちなみに永倉の話では、この戦いの時も「小手!」「銅!」などと声を発していたそうです。普段の癖が出てしまったのでしょうか。

漫画の必殺技を出す時じゃないんだから…

近藤との対立

池田屋事件の翌月には「禁門の変」という長州藩によるクーデターが勃発。新選組も出動し鎮圧に当たりました。

幕府内での新選組の存在感も増していきます。

続く8月、近藤の横柄な態度を不満に感じた永倉や原田左之助、斎藤一、島田魁、尾関誠一郎、葛山武八郎が連名で「近藤の非行五ヶ条」を会津藩主の松平容保に提出。これは五ヶ条の内、一つでも近藤が申し開き(弁明)出来れば我々が切腹。一つも出来なければ近藤に切腹を求めるというもの。

ここは松平容保が間に入りますが、近藤と土方はこの件を治める為に6人の中で一番立場の低かった葛山武八郎一人に切腹を命じます。

この事に抗議した永倉は謹慎処分となっています。

永倉は試衛館以来の仲間ではあっても土方や沖田とは違い門弟ではないし、肝心の剣では誰にも負けないという自負もあったのでしょう。新選組は同志の集団で近藤に仕えている訳ではないという意識が強かったようです。

試衛館以来の仲間で新選組総長の山南敬助が脱走をして切腹を命じられた時も、永倉は山南にこっそり逃げるよう勧めたりもしました。

しかし山南はそれには応じず、沖田の介錯で切腹しています。

隊律違反 再び謹慎

慶応3年(1,867年)元日、永倉は斎藤や伊藤甲子太郎らと共に飲みに繰り出しました。芸妓も呼び豪遊する中、門限が迫るも

「ここで帰るのは興ざめ、拙者が万事引き受けるからこのまま飲み明かそう」

という伊藤。伊藤は新選組参謀で弁舌に優れた論客で、近藤にも一目置かれる存在でした。そして2日、3日と経ち

「もうどうせ我々は切腹だからとことん飲もう」

という事になって、やがて一行は酔いつぶれました。そしてついに4日目になって、命令を受けた隊士により泥酔した永倉らは屯所に連れ戻されます。そんな永倉ら見た近藤は

「各々方、どうなるか分かっておるのだろうな…」

と、怒りを噛み殺し告げるのでした。

近藤は永倉一人を切腹として治めるつもりだったようですが、土方の働きかけで謹慎処分となりました。

ちなみに永倉は2回目という事で、他の二人の倍の謹慎6日となっています。

しかしこのすぐ後、伊藤は御陵衛士を結成して新選組を離反しているので、伊藤は永倉と斎藤を御陵衛士に引き入れるつもりだったのかなとも思えますね。

斎藤は間者(スパイ)として御陵衛士に加わったといわれてはいますが。

この年の11月、油小路事件で伊藤は新選組に粛清されています。

新選組離脱 靖隊隊結成

そして慶応4年(1,868年)1月、戊辰戦争が勃発すると新選組もこれに参戦。永倉は決死隊を募り、刀を振り突撃したりと活躍します。

ちなみに自分が影響を受けた「壬生義士伝」のTVドラマ版では永倉役を遠藤憲一さんが演じていて、刀で突撃するも鉄砲隊の前に押し返され

「もうこんなもんじゃよぉ、戦(いくさ)出来ねえんだよぉ」

と言って刀を投げつけています。

そして一夜にして朝敵となった旧幕府軍は江戸に撤退。新選組も多数の戦死者や離脱者を出しながら、残った者は船で江戸に撤退します。

江戸へ着いた新選組は「甲陽鎮撫隊」と名を改め、甲府城を押さえる為に甲州で戦います。しかし板垣退助率いる迅衝隊の前に敗走。江戸へ引き返します。そして永倉は近藤との意見の違いから、ここで袂を分かつ事となるのです。

永倉曰く、近藤と会えなかった為にとりあえず仲間たちで話し合い後日、近藤に方針を伝えた所

「その様な私議には加盟は出来ぬ。但し、拙者の家臣となって働くならば同意致そう」

と告げられたという事。これを受け永倉は

「武士は二君に仕えず、同盟こそすれ家来にはなりもうさん」

と、原田らと共に近藤や土方らと別れるのです。

3月、永倉は盟友の芳賀宜道(市川宇八郎)と靖兵隊を結成。一緒に離反した隊士も加わり、旧幕府軍に合流します。

そして4月25日 近藤勇 板橋刑場にて斬首

終わりに

いかがでしたでしょうか?

永倉は気が強く近藤ともよく衝突しましたが、根底にあったのは立場の違いこそあれ、あくまでも新選組は同志の集団だという思いでした。

ちなみに永倉の新選組としての戦いは終わりましたが、永倉新八の戦いは続いていきます。

記事が長くなったので後編へ

もし良かったら永倉 後編です https://gozasourou.com/nagakurashinpachi2/

U-NEXTは見放題作品数No.1 モッピー経由でポイント獲得 | 底辺夢散歩 (teihen-sanpo.website)

コメント