日本の歴史 空白の150年に何が⁉ 邪馬台国(前編)

古代~室町


ようこそ当ブログへ

あの国民的大人気漫画の空白の100年ではないですが、日本の歴史にも空白の約150年というのがあるんですよね。だいたい200年代中頃から400年頃のことです。この150年の間に、日本という国の成りたちとか、現代にもつながるこの国の歴史の根幹ともいえるような重要な出来事が起こったはずなのに、そこら辺がいまいちよく分かってないんですね。

色々な説はありますが、確たる証拠がない中どこまでいっても答えは出そうにないです。ロマンがあると思いませんか?一緒に古代日本の謎に触れてみましょう。

原初の女王卑弥呼と邪馬台国

なんといっても古代日本といえば邪馬台国です。卑弥呼という女王も有名ですよね。

邪馬台国の成り立ちも詳しくは分かってないですが、当時の日本列島は倭国と呼ばれていて、いくつかの国に分かれていたようです。

その中の一大勢力が邪馬台国で、南にある狗奴という国と戦っていました。卑弥呼が亡くなったあと男の王を立てたがうまくいかず、卑弥呼の宗女にあたる、台与(「とよ」または「いよ」説も)を女王にしたらまた安定したとの事です。

宗女とは正統な血筋の者という事で台与は卑弥呼の娘ともいわれてますが、卑弥呼は生涯独身だったのだとか。なので年の離れた妹とか姪かもしれませんし、独身といってもムフフな感じの関係だってあったかもしれませんね。

ちなみに卑弥呼は「鬼道」という謎の技の使い手だったのだとか。

巫女の占いなどに重きを置いていた時代でもあるので、鬼道とはそういった関係のなにかなんですかね。

手を触れないで人を投げ飛ばすとか、手のひらから波動砲を出すとかの漫画的な能力ではなさそうです。

それとこれは創作かもしれませんが、男性を魅了する匂いも発していたらしいです。これは普通に考えれば香水みたいなものですが、フェロモン的なものかもしれません。軽い腋臭だったのではないか、なんていう話もあるとかないとか。

邪馬台国は三国志でお馴染みの魏に、貢ぎ物を持たせた使者を送っています。まあ、自分たちの事をよろしくお願いしますって所ですよね。

中国には中華思想という中国が世界の中心とゆう考えがあるので、「苦しゅうない」「よきにはからえ」って感じで迎えたんですかね。それは分かりませんが、まあ歓迎はされたそうです。そして邪馬台国は魏から「親魏倭王」という称号と金印をもらいました。

三国志 魏志倭人伝

ところで飛鳥時代より前になると、貝塚みたいな遺跡や土偶やなんかの出土品はあるのですが、文献としては日本には何も存在しないんですね。

日本書紀とか古事記はありますが、あれは歴史を振り返って書いてるので伝承とか神話の部分もあって、そこに関しては史実としては少々怪しくもあるのかなと。

なので、当時の日本の様子が現代に伝わってるのは中国の文献による所が大きいです。すでに中国の文明は進んでいましたからね。

度々当時の日本の事が書かれていて、邪馬台国の事も三国志の中で少し書かれています。その部分を日本では「魏志倭人伝」と呼んでいますが、それは邪馬台国が魏に使者を送ったからその記録が残っている訳なんですね。

だからそれがなかったら邪馬台国とか卑弥呼は確かに存在したのに、現代には何も伝わらず歴史的には無かった事になっていた可能性も高いんですよね。そんな国は幾つもあるんでしょうから、そう考えると邪馬台国……グッジョブ!!

ただ、その後しばらくは中国の文献から倭国についての記述はなくなる事になります…

新興勢力?大和朝廷の登場

再び中国の文献に倭国が顔を出すのは413年。すでに邪馬台国はなく、大和朝廷という統一国家が本州の大部分を支配していました。大和朝廷は天皇制を敷いていて、現代の皇室までそれは続いてますよね。なのでこの大和朝廷が日本の国家としての始まりと言っていいと思うのですが…

この肝心な150年が空白なんですよね!!

どうした邪馬台国⁉大和朝廷ってどこから来て如何にして支配者となったの⁉個人的には日本の歴史最大の謎で、かつもっともロマンを感じる所です。

終わりに

いかがでしたか?

邪馬台国のあった場所も、北九州説と畿内説で未だに答えが出ていないのは有名ですよね。他にもいろんな説がありますが、次回は空白の150年の真実にも迫ってみたいと思います。

ちなみに現在では大和王権という呼称が主に使われているようですが、記事内では個人的な好みで大和朝廷を使ってます。

当然ではありますが記事内で使ったイラストはイメージです。イラストレーターのみなさま、誠に有り難くござそうろう…

良ければ邪馬台国 後編ですhttps://gozasourou.com/yamataikoku2/

コメント