支那事変(日中戦争)の始まり盧溝橋事件と残虐の極み通州事件

明治~現代

盧溝橋事件とは、北京の盧溝橋付近で発生した日中の軍事衝突。支那事変(日中戦争)のきっかけとなったといわれています…

ようこそ当ブログへ

中国共産党による反日プロパガンダの影響と張学良の排日政策で、満州の日本人居留民は迫害のような扱いを受けていました。ソ連の脅威も近づく中、それでも国際協調を掲げ何もしない日本政府に代わって、関東軍が独断で起こしたのが満州事変でした。

再三に渡る中国側の挑発行為もあったので微妙ですが、一応は軍上層部の承認も得ずに一部隊が勝手に行動するというのは背任行為といわれても仕方がない状況。

しかし関東軍が満州全土を制圧した事と民衆からの支持もあり、結果オーライでお咎めなしでした。

ただ調子に乗った日本軍はさらに西、北京を含む華北地域にも進出。やがて盧溝橋での小競り合いから始まり、中国全域を巻き込んだ戦争へと発展していくのです…

支配地域の拡大

満州建国ぐらいまでは国際社会からは非難されても、日本にだってそれなりに理由があっての事でした。しかしさらに支配地域を広げようというのは、確かに少々やり過ぎの感もあります。

最も日本軍からしたら抵抗してくる中国軍を退けている内に、気付いたら勢力を拡大していたともいえるかもしれません。

ただ若干この辺りから、権益や手柄を求めての軍部の暴走というのも一部では見られるようです。

そして武力衝突は望まないにしても、日本に領土的野心が全くなかったとはいえないでしょう。

とはいえ欧米諸国が同じ事をやっても黙認し、あまつさえ協力を仰いでの抗日運動というのは何なんですかね。

「日本にだけは好きにはさせん」

みたいな、執拗なまでの対抗意識を感じますね。

盧溝橋事件勃発

そんな折の昭和12年(1,937年)7月7日、盧溝橋(ろこうきょう)付近で夜間演習を行っていた日本軍第三大隊第八中隊に、実弾が撃ち込まれるという「盧溝橋事件」が勃発。

この事件が支那事変(日中戦争)の発端となります。

ちなみに宣戦布告がされない内に戦争状態に突入していている事と、戦闘が行われた地域から、厳密には支那事変という訳です。

支那というのは言わずと知れたCHINAの語源で、差別用語でも何でもないのにさっきから一発変換出来ないな…

日本でも一旦は正式に支那事変と決まったのだけど、概念として大東亜戦争に含まれるという事になって、支那事変という呼称は使われなくなったとの事です。

う~む…、まあこんな所でツッパっても話が進まないので、まあいいや…

盧溝橋というのは北京市豊台区(ほうたいく)の永定河(旧盧溝河)にかかる、石造りのアーチ橋です。

この付近には日本の支那駐屯軍と中国軍が駐屯していて、日頃から緊張感が高まっていました。

そんな中での中国側からの発砲。さらに発砲を受けた第八中隊の隊員1名が行方不明となっていました。

日本にとっては同じ中国側といっても、これは中国共産党の謀略という説もあって実際はハッキリしません。

中国共産党というのは中国国民党と対立している組織で、利害が一致している事からソ連の支援を受けていました。日本と国民党が争って疲弊してくれたら、ソ連も共産党も「漁夫の利」を狙えるという訳です。

ただこの盧溝橋事件に関しては、国民党軍の偶発的な発砲の説が濃厚ではあります。

例によって日本が先に撃って来たとか主張してくるから、話がややこしくなったのだと思われます。

繰り返される挑発行為

この発砲と兵士1名が行方不明という状況を受け、大隊長への報告と指示を仰ぐ為に伝令を走らせます。

報告を受けた一木清直大隊長は、司令官代理の牟田口廉也連隊長に電話し

「行方不明の兵は中国軍に拉致された可能性があります」

と、第三大隊の出動の許可を願います。

ただこの頃には行方不明だった志村二等兵は、用足しが済んですでに隊に復帰していました。

要はちょっとトイレに行ってたという…

一木「貴様は帰ったら軍法会議な」

志村「え?」

いずれにしても牟田口連隊長は、有利な布陣を敷く為に一文字山への出動と、発砲の証拠として薬莢などを回収しておくように伝えました。

7月8日午前3時過ぎ、一文字山を占拠し待機していた一木は再びの銃声を聞き

「これ支那軍の敵意は明確」

として牟田口に再度報告。攻撃の許可を求めます。それを受けた牟田口もこれを許可。

夜が明けてから交渉の手はずだった事から、一木は念を押し確認しますが牟田口からの返答は変わらず。

受話器を置いた牟田口は

「軍人が攻撃されているのに許可を求めるなんて…」

などとこぼしたのだとか。

許可を受けた一木は、宛平県城(えんへいけんじょう)には一般住民もいるという事から、永定河の堤防方面に出撃します。

その後は日本軍が破竹の勢いで進軍していく裏で、出来るだけ戦火を拡大しない為に停戦交渉も行われ、中国側に対し撤退を要求していきます。

そして7月11日、現地で停戦協定が成立しました。

しかしそれで終息には向かわず、翌日には中国軍が日本軍のトラックを爆破するという「大紅門事件」が勃発。日本兵4名が殺害されました。

さらに宛定県城から砲撃を受けたりと、その後も小競合いが繰り返されます。

通州事件の背景

そんな中の7月29日、通州の日本人居留民223名が中国人に惨殺されるという「通州事件」が起こりました。これは冀東政府の保安隊の反乱により引き起こされた、史上まれにみる集団猟奇殺人事件です。

当時、通州は日本の華北分離工作によって、冀東防共自治政府が置かれていました。この冀東政府というのは日本に留学経験のある、親日派の殷汝耕(いんじょこう)を聖務長官とした日本の傀儡政権です。

通州にはその冀東政府の保安隊があり、他にも日本軍の通州特務機関や守備隊が置かれていた事で、通州は華北地域の中でも比較的安全な場所でした。

しかし華北の各地では日本軍と中国軍の軍事衝突が起きており、そんな中で日本軍の飛行部隊による誤爆事件が発生します。これは援軍の関東軍の飛行隊が、通州の保安隊兵舎を敵軍と間違えて爆撃したというもの。

これにより冀東政府の保安隊に、十数名の死傷者を出す事となるのです。

即座に通州の特務機関長である細木繁中佐が、謝罪と賠償の交渉を開始。そんな中で保安隊による反乱、通州事件が起こるのです。

こうした経緯を見ると、保安隊が仲間を殺された事への仕返しで通州事件を起こしたともいえます。ただ誤爆はキッカケに過ぎず、事件を主導したといわれる張慶余(ちょうけいよ)と張硯田(ちょうけんでん)は日本を良く思っておらず、元々こういった反乱を起こそうとしていたようです。

他にもお決まりの「中国共産党による謀略説」もあります。日本と中国との戦争といっても、中国国内での勢力争いやソ連の思惑など、複雑に絡み合っていたという訳です。

鬼畜の所業

そして29日午前3時頃、事件は日本軍の主力が出動していて留守の中で起こります。通州の城壁は閉ざされ電話線も切られ、外部との連絡手段が遮断されていました。

反乱を起こした保安隊は約6,000人(諸説あり)。日本軍は留守番の部隊がいたぐらいで、激しく抵抗を試みるも約110名が殺害され(諸説あり)、政務長官の殷汝耕も捕らえられます。

保安隊は日本人居留民に対し、次々と略奪や陵辱を繰り返し殺害。223名が犠牲になりました。

目撃者の証言や事件後の現場の状況は、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図。

ある者は眼球がえぐられ、またある者は性器を串刺しにされ、妊婦は腹を裂かれ、死体が投げ込まれた池は血で赤く染まっていたといいます。

憎い相手を殺すという事まではまだ理解出来るんです。でもそれは銃があるなら撃ち殺して終いでいいじゃないですか。

いたぶって殺すとか、死体をも蹂躙するとか、あまりにも鬼畜すぎませんか?

なんでそんな事が出来るのか、やってて気持ち悪くならないんですかね?

やがて日本軍が通州に向かっているとの知らせを受けると、保安隊はすぐさま逃亡したとの事です…

終わりに

いかがでしたか?

学校で日中戦争と教わるのは、厳密には支那事変。盧溝橋での小競り合いは一旦は停戦協定が成立したものの、日本に侵略されていると感じていた中国側からの挑発が相次ぎ、宣戦布告がなされないまま戦争状態に突入しました。

通州で起こった残虐事件ですが、被害者の方たちはどれほどの恐怖と痛みの中で亡くなっていったのかと思うと、本当に苦しくなります。

べつにどこかの国みたく、事件の責任を現在の中国に要求する事でもないですし、個人の考えでは中国人が民族的に残虐性を孕んでいるとも思いません。

ただ、こういった事実は学校では教えられていないと言います。それは何に対する配慮なのかと思うと、どうにも情けなくなるのです。

ちなみに中国やアメリカが主張する南京大虐殺ですが、証拠として一部この通州事件のものが使われているという…

自分はあくまでも中立を心がけていますので、虐殺が全く無かったとは言いません。ただ戦時中に中国側が行った(通州事件に限らず)こうした鬼畜の所業から目をそらせる為に南京大虐殺なるものをでっち上げ(諸説あり過ぎですが)、さらには自分たちがやった通州事件の写真をそれの証拠として歪曲したというのは事実でしょう。

そして戦争に負けた日本は悪のレッテルを張られ、真実を伝える教育も出来なくなったという事です…

Z会Asteria まずは無料でお試しください

コメント