天下泰平 老中による政治 田沼意次と松平定信

戦国~幕末

ようこそ当ブログへ

天下泰平の江戸時代において確かな足跡を残した徳川吉宗も、1,745年には将軍職を息子に譲り、1,751年に亡くなりました。

吉宗の跡を継いで第9代将軍となった家重は、言葉がうまく話せないという障害がありました。

他にも頻繁に尿意を催すので、家重の為に何か所も便所が設置されたとの事。それでも漏らしてしまう事もあり、周りからは「小便公方」と陰で揶揄されたのだとか。

しかし知的障害という事ではなく、吉宗亡き後もしばらくは将軍職を続け、旗本だった田沼意次を大名に取り立てています。

この頃は将軍に代わり、実質的には老中による政治が行われていきます。今回はそんな老中、田沼意次と松平定信を取り上げます。

つか前置きなげーな…

田沼意次 田沼時代

家重は1,760年に息子の家治に将軍職を譲ると、その約1年後に亡くなりました。

家重の跡を継いで第10代将軍となった家治は、自身では積極的に政治を行わず趣味の将棋に没頭。その腕前は7段との事です。

代わりというか実質的に政治を行ったのは、老中の松平武元や側近の田沼意次でした。田沼が実権を握っていた時期は「田沼時代」と呼ばれ、商業に重きを置いた時代でした。

老中格となった田沼は幕府の財政を安定させる為、それぞれの業種に株仲間を作らせます。株仲間とは組合のようなもので、田沼の目的は商売を守る代わりに冥加金を治めさせるというもの。冥加金とは、ここでは上納金ですね。

ただこういったものに拍車がかかり、田沼に賄賂を渡す者も多くなっていきます。

田沼も賄賂をもらう事に、罪悪感どころか喜びすら感じるようになっていきました。

時代劇の「おぬしも悪よのう」って感じですね。

天明の大飢饉

しかし、この田沼時代には数々の飢饉が起こりました。特に1,782年から1,783年にかけて起こった飢饉は「天明の大飢饉」と呼ばれ、南部藩で約30万、仙台藩で約6万4,000人もの死者を出したといわれています。ただ役人は一人も死ななかったとの事。う~む…

さらに浅間山の大噴火などもあり、火山灰により日光が遮られ凶作を招きました。

生類憐みの令の綱吉の時も富士山の噴火などの自然災害が多発しましたが、この時代はこういった天災は指導者の徳が低いからだと、わりと本気で信じられていたようです。

こういった不測の事態に対する対応の悪さも当然ありました。なので綱吉の評価も余計に低いものになっていたし、田沼に対する支持も下がっていくのです。

印旛沼と手賀沼の干拓にも失敗した田沼はいよいよ追い詰められ、1,786年には老中を失脚させられました。

この度重なる天災で、年貢に苦しんだ農民により各地で一揆が起こります。米の値段も下がらない中、江戸の町民による商店などの破壊行為も横行。その波は日本中に広がっていきました。

ちなみにこの田沼意次は発明家で知られる平賀源内と親交がありました。エレキテルで有名ですよね。平賀源内は他にも学者など数々の顔を持ち、「土用の丑の日」も、うなぎ屋に頼まれて平賀源内が定着させたのだとか。

松平定信 寛政の改革

政治的には影の薄かった将棋名人の家治将軍は亡くなりましたが、息子が先に死んでしまって家治には跡取りがいませんでした。家康の頃に将軍家の跡取りが途絶えた時の為に御三家が設けられ、その御三家から吉宗が8代将軍となりました。その吉宗によりさらに「田安、清水、一橋」の御三卿が設けられています。その御三卿の一橋家から、1,787年に徳川家斉が第11代将軍に就任しました。

この家斉により白河藩主松平定信が将軍補佐役に任命され、この頃は田沼時代を悪政としていた江戸の民からも期待されていました。松平定信のもとで行われた政治は「寛政の改革」と呼ばれていて、まず物価を上げて不当に利益を得ているとして、株仲間を解散させていきます。

この頃は士農工商の身分制度があっても、実質的に力を持っていたのは金がある商人でした。

幕府の旗本や御家人は給料として与えられた米をお金に換えて生活したり、商人に借金をして生活している者もいました。そういった事を商売としていたのが札差(ふださし)というのですが、幕府はその札差に対する5年より前の借金を無効としました。

現在でいったら、5年前に買った国債が突然紙くず同然になるような感じですか。しかし、これにより札差の貸し渋りを招いてしまうのです。

他にも浮浪者を自立させたりと世の中を良くしていく改革を行っていくのですが、一方で倹約などの庶民に対する締め付けは厳しく、定信は次第に嫌われていくのです。

この時代の銭湯は混浴だったんですが、それも男女別に分けられましたからね。それは嫌われるでしょ。

エロオヤジに…

社会風刺 狂歌

この頃に「狂歌」という世の中を風刺した短歌が詠まれています。現在みたく表立って政権を批判など出来ない時代に、そうやって庶民は憂さ晴らしをしていたようですね。

「白河の 清きに 魚も住みかねて もとの濁りの 田沼 恋しき」

これは一見すると「魚はあまり綺麗すぎる水の中では餌もなく生きられない」という意味にとれますが、これは狂歌なので裏の意味があります。

要は「白河」というのは白川藩主出身の定信を表し、濁った水の「田沼」を田沼時代にあてています。

つまり世の中を正す定信の堅苦しい政治より、問題は多かったが自由だった田沼時代の方が良かった、という事を風刺している訳ですね。

それにしても、田沼恋しき…

そして将軍補佐役になってから6年、1,793年に定信は老中を失脚しています。

終わりに

いかがでしたか?

この辺りから将軍は権威の旗印のようになり、実際の政治は老中と呼ばれる家臣が行うようになっていきます。簡単に言うと田沼意次は問題が多いけどまあ自由で、松平定信は安定してても締め付けが厳しいといった民衆の評価でした。

しかしまた田沼時代のようになれば、程なくして定信のような政治が待望されたりするのでしょう。そう考えると政治に対する庶民の批判は、いつの時代もあまり変わらないなぁなんて思いますよね。

ちなみにいつの時代も二度と求められる事のなかった綱吉さん…

21世紀になりようやくほんの少しだけ見直されています!!

コメント