大坂冬の陣 戦の天才 真田幸村の奮闘

戦国~幕末

ようこそ当ブログへ

天下分け目の合戦である関ヶ原の戦いで勝利した家康は、1,603年に征夷大将軍に任命され江戸幕府を開くと、息子である秀忠の娘「千姫」を秀吉の息子「秀頼」に嫁がせ、亡き秀吉に対する義理を果たします。

この時、秀頼11歳、千姫7歳。なんというか、世も末だな…

まあ令和まで続いてるけどな!!

豊臣氏との関係性

征夷大将軍に任命され幕府を開いた家康でしたが、1,605年には息子の秀忠に将軍を譲っています。これにより、以後の将軍職は徳川で世襲していく事を示します。さらに秀忠の将軍就任を祝う席に出席する事を秀頼に要請。上洛を求めましたが、豊臣側はこれを断ります。この時、豊臣氏は220万石から65万石までになっていましたが、かつては天下を治めた自尊心があるという訳ですね。

家康としても豊臣氏を立てて共存する考えもありましたが、豊臣側の出方により扱いに苦慮する事となっていきます。しかし家康は六男の忠輝を秀頼のいる大阪城に派遣。この件は気にしていない意志を示すと、いったん江戸の発展に力を注いでいきます。

いやここまでじゃねーよ!って感じで、江戸城の改築なども進めていきます。

1,611年にようやく京都の二条城にて家康と秀頼は会見しますが、豊臣はこの時も最初は拒否していました。

幕府の支配がまだ絶対的なものではない中、反徳川の諸大名と豊臣氏が組んで反乱を起こす可能性は家康にとって脅威でした。そこで豊臣を牽制して、出方次第では豊臣を攻める事を決意します。

大坂冬の陣

1,614年、家康は豊臣氏が再建していた方広寺の鐘に刻まれた文字に、不適切な部分があると言い掛かりをつけます。

これは「国家安康」が家康の名を分断して呪うもので、「君臣豊楽」が豊臣を君主として頂くという意味なのだとか。

完全に字面の印象だけで、もちろんこれ自体は豊臣側からすればいわれのない事。豊臣氏家老片桐且元が家康のいる駿府城に弁明に向かいますが、家康は会う事なく且元を追い返します。且元は秀頼が大阪城を出る事などを提案するも、淀殿や秀頼はこれを拒否。且元は追放され、家康は豊臣が浪人を集め戦の準備をしているとして、豊臣征伐を決定するのでした。

こうして起こったのが大坂冬の陣です。

関ヶ原の時に敗れた大名や浪人たちが大坂城に集まり作戦会議が開かれますが、豊臣の家臣が籠城を主張する中、進軍を主張したのが真田信繁。これはまず西国の大名と徳川を分断し、徳川軍と戦っている間に西国の大名を説得、味方に引き入れようというもの。それが叶わなかった時には籠城戦に切り替えるのだと。

真田信繁って誰?って感じですが、真田幸村といえばあまりにも有名ですよね。幸村とは彼の死後そう呼ばれるようになったのだとか。この時、そんな幸村の作戦をとっていれば結果が変わっていたともいわれています。しかし豊臣の家臣が主張する籠城戦が採用されてしまうのです。

う~む、残念。

ちなみに幸村には信之という兄がいますが、関ヶ原の戦いの時は東軍と西軍に分かれています。幸村が今回と同じく豊臣方の西軍ですね。でもべつに兄弟仲が悪いとか直接やり合ったとかではなく、政略結婚によりそうせざるを得なかったのです。

ただ父親の昌幸は、どちらが勝っても真田は生き残ると安心したそうです。親父たくましいぜ。この昌幸はあの武田信玄を支えた知将です。

真田幸村の活躍

やがて豊臣軍約10万が籠城する大阪城を約20万の徳川軍が囲みます。決まってしまったのだから仕方がないと、幸村は籠城戦での活路を探ります。難攻不落の大阪城との事でしたが、城の南側の守りが薄いとしてここに真田丸といわれる陣を張りました。これは外堀から少しはみ出した位置で敵の侵入を迎え撃つというもの。

このように幸村は即座に最も有効な作戦を導き出すのです。ここでの戦いで、徳川軍は大変な苦戦を強いられる事になります。

幸村は慎重に様子をうかがう徳川軍の隊をしきりに挑発し、攻め込んできた所を

人間には触れちゃならん痛みがあるんだ!!」(花の慶次!)

と火縄銃などで一斉射撃。次々とハチの巣にしていきます。

そんな中、城の中で火薬が爆発する事故が発生しました。すると、その爆発を味方の手によるものと勘違いした徳川軍が一気になだれ込んで来ます。しかし、武功を焦ったか不用意に駆け込んで行った為、真田隊の一斉射撃によりさらなる大打撃を食らってしまうのです。

それを知った家康が退却を命じたほどでした。また幸村もあまりの敵軍の惨状に、手加減を命じたともいわれています。

籠城も10年は持つという豊臣に対し、以外にも戦いが長引くと物資の面などで不利になるのは徳川の方でした。しかし和睦交渉が中々進まない中、徳川軍は天守閣へ向け大砲での砲撃を開始。ほとんどは天守閣まで届きませんでしたが、たまたま届いた一発が淀殿の侍女たちに命中し何人も死んでしまうのです。

この惨状に堪らず淀殿も和睦を決意。幸村らから反対の声が上がるも和議に応じるのでした。

徳川の条件を豊臣が受け入れるという形にはなりましたが、ある程度は豊臣に対する配慮が感じられる内容となったとの事です。

しかし、家康の目的はさらに豊臣氏を追い込む事だったのです…

終わりに

いかがでしたか?

不利かと思われた豊臣氏。しかし戦国の最後、一歩間違えれば徳川の天下をひっくり返すほどの凄い人が出てきました。このあと更なる鬼気迫る活躍で、家康を追い込む事になります。

ちなみに幸村の隊は赤の甲冑で統一されていて、旗印には六文銭。これは三途の川の渡し賃という事。アンタ惚れたぜ!

いや男色じゃないわよ⁉

良かったら 幸村 続き https://gozasourou.com/nathunojin/

コメント